北朝鮮とパスポートあれこれ

北朝鮮とパスポートについて小さい話題をいくつか紹介します。

かつては日本のパスポートは北朝鮮では使えなかった

日本のパスポートは信頼度が高く、日本のパスポートを持つだけでほとんどの国に入国することができます。しかし、過去には北朝鮮の場合はそれが不可能だった時期がありました。日本のパスポートには「北朝鮮以外の国に渡航可能」と書かれていたみたいです。

冷戦終了あたりにこの記述は消えたため、日本のパスポートでビザをもらって北朝鮮に入国することは可能となっています。(といっても、中国を経由しなければならなかったり、外務省が渡航自粛を呼びかけているため他の国と比べると行くのはいろいろと手続きを踏む必要があり見たいですが)

日本と北朝鮮の間には国交はありません。そのため、日本大使館も存在しません。北朝鮮で何らかのトラブルが起きると頼る場所がないため、観光に行くのであれば綿密な事前調査と計画を立てる必要があるでしょう。

北朝鮮のパスポートはどんな感じ?

さて、話は大きく変わり、今度は北朝鮮のパスポートについて紹介します。

pass1

引用:【激レア】これが北朝鮮のパスポートだ! 日本在住ライターが自身のパスポートをブログで公開 – ロケットニュース24

画像の左が韓国のパスポートで、右が北朝鮮のパスポートです。ハングルがわからないという人にも下の英語を読めば北朝鮮のパスポートであるとわかるでしょう。「DEMOCRATIC PEOPLE’S REPUBLIC OF KOREA」・・・朝鮮民主主義人民共和国という意味です。

北朝鮮のパスポートの信用度

では、北朝鮮のパスポートは世界に対してどれくらいの信用があるのでしょうか? 孤立しているイメージがある北朝鮮ですが、北朝鮮と国交を結んでいる国は世界の中では多数派であり、日本みたいに国交を結んでいる国はむしろ少数派です。

しかし、いくら国交を結んでいたとしてもパスポートとしての信用度はあまり高いとはいえず、「GOOD How Powerful is Your Passport?」によると、北朝鮮のパスポートを使用してビザなし、あるいは到着ビザで入国できる国は41か国と多くはありません。

一番少ないアフガニスタンのパスポートで28か国なので、これを考えると北朝鮮のパスポートはあまり信用がない部類に入るということになります。(ちなみに北朝鮮のお隣韓国は166か国です。)

これが日本のパスポートとなると170か国(世界第4位の多さ!)と増えることになります。

スポンサーリンク
336280アドセンス
336280アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336280アドセンス