北朝鮮への制裁はどれくらい効果があるのか?

核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対して世界各国は経済制裁という形で対抗処置をとっています。この経済制裁にはどれくらいの効果があるのでしょうか?

北朝鮮が受けている制裁

まずは、2016年6月現在において北朝鮮が受けている制裁についてざっくりとまとめてみます

臨検の実施

奢侈品の禁輸

戦闘機・軍艦・ミサイルなどの特定の兵器の禁輸とそれらに関連する物資や技術やサービスの移転や調達の禁止

(wikipediaより)

この経済制裁は2006年に国連によって採択された内容となります。難しいことが書かれていますが、要は北朝鮮に物が入らないようにしようという取り決めです。この決議によって国連に加盟している国は北朝鮮への物資の輸出を厳しくするように義務付けられました。

日本ではこれに加えてさらに独自の経済制裁を行っています。

経済制裁の効果はあるのか・・・?

経済制裁が始まってから10年がたちますが、経済制裁の効果はどれくらいなのでしょうか?

懇談の中で李教授は、2011年のGDPは220億7000万ドル、1人当たりGDPは904ドルになると紹介。さらに、2007年の1人当たりGDPは638ドルとし、「それ以降、年率10%程度の経済成長を遂げていることになる。世界でもこれだけの成長率を記録している国はめずらしい」と付け加えた。

引用:東洋経済オンライン

あれ、あまり効果は出ていない?

さらに、李教授が触れた「2007年から11年まで年率10%成長」について韓国銀行の発表データを見てみると、GDP成長率は07年マイナス1.2%、08年3.1%、09年マイナス0.9%、10年マイナス0.5%、11年0.8%と、これも両者間で大きな乖離が見られる。

引用:東洋経済オンライン

「どっちなんだよ!」という声が聞こえてきそうですね。

上の引用は李教授という人が出した数値であり、下の引用は韓国銀行が出している数値です。というのも北朝鮮自体がGDPなどの正確な数値を発信していないため、こういった他から出ている数値で予測をつけるしかないという実態があります。

それで、結局経済制裁はどうなの?

北朝鮮が正確なデータを出していないので、これも私の個人的な解釈となりますが

経済制裁に関しては効果は限定的であると考えています。理由としては北朝鮮に行われている経済制裁は北朝鮮の体制を維持するために必要なものが含まれていないため、国として存続するだけであれば困らないからです。たとえ制裁を受けていたとしても最低限の事はできるのです。制裁を受けても10年も普通に北朝鮮は存在しています。

ただし、これは北朝鮮を今後も国として機能させることを目的とした場合であり、現在北朝鮮が行っているミサイルなどの兵器開発に関してはもろに制裁を受ける部分なので、この状況が続いたとしたらたとえ北朝鮮が兵器開発を頑張ったとしても先進国との技術差は開いていくでしょう。

とはいえ、相手との差を気にしなければ北朝鮮は現在の制裁に根をあげることもないでしょう。この経済制裁で次の動きがあるとすれば

  • 新しい制裁を行うことによって体制の維持に強い影響が出てくる場合
  • 北朝鮮がワシントンまでに到達するミサイルを完成させる

がきっかけになるかもしれない・・・と勝手に分析してみます。

スポンサーリンク
336280アドセンス
336280アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336280アドセンス