北朝鮮と日本には時差が存在する!?

文化

北朝鮮と日本はそう遠くない位置にありますが、実は時差が存在します。この記事では北朝鮮と日本の時差について歴史も交えて紹介します。

日朝の時差の歴史

時差の歴史は日韓併合前にまでさかのぼります。朝鮮半島が日本の領土になるまでは、朝鮮半島の時間は+8時間30分を採用していました。(+8時間30分とは世界標準時ロンドンよりも8時間30分早いということです。)

しかし、日韓併合後は日本と時間を合わせるために朝鮮半島の時間は日本と同じ+9時間に変更されました。

そして、日本が第二次世界大戦に負けて、北朝鮮が建国されたとき、北朝鮮は日本標準時と同じ+9時間を採用しました。

韓国も+9時間を採用したため、日本、韓国、北朝鮮の3国は同じ時間が流れていました。

北朝鮮が+9時間を採用した理由ははっきりとはしていませんが、独立したからといってむやみに時間を変える理由もなかったと考えられます。

戦後70年の節目に時間を変える発表をした

2015年の8月に北朝鮮は「8月15日に標準時を+9時間から+8時間30分に変更する」と発表し、8月15日から北朝鮮と日本との間に時差が生まれることとなりました。

韓国メディアのNEWS1は7日、北朝鮮が戦後70周年を迎える8月15日から標準時間を30分遅らせた時間を使用すると7日に明らかにしたと報じた。

北朝鮮側は今回の措置に対し、日本の植民地時代に奪われた“標準的時間”を取り戻すためだと主張しているという。

引用:「日帝残滓の清算」で、北朝鮮標準時を変更へ・・・韓国ネット民「よくやった」「無識なやつら」など賛否の声=韓国メディア – サーチナ

理由としては引用のとおり日本の植民地支配で奪われたものを取り戻すとしていますが、個人的には時差ってこんなに簡単に変えることができるモノなのかと思ってしまいました。

朝鮮半島内でも韓国と北朝鮮の時間にずれが生じることとなるため、開城工業団地や板門店でのやり取りが大変になることは間違いないでしょう。

時間を変えるメリットはあるのか?

先ほども挙げたとおり、韓国とのやり取りが大変になるという欠点を言いましたが、北朝鮮にとって韓国は敵国であるという考えだとここはあまり重視していないかもしれません。しかし、実質的なメリットは正直思い浮かばないというところが私の個人的意見です。

北朝鮮と仲が良いと考えられる中国は時差が+8時間であるため、もし北朝鮮が+8時間に変更したのであれば何らかのメリットはあったかもしれません。+8時間30分を採用している国は北朝鮮以外に存在しないため、めんどくさくなっただけのような気しかしないのです。

 

考えられるメリットは、「北朝鮮が過去のモノを取り返したという気持ちを得ること」くらいでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました