崩壊しそうでしない北朝鮮。なぜなのか? 経済編

北朝鮮はいつ崩壊するのか? と考える人は少なくないようです。何を崩壊と定義するのかにもよりますが。今回は経済で北朝鮮の崩壊について見ていきましょう。

経済で見ると崩壊しているともいえるが・・・

経済という分野で北朝鮮を見た場合、北朝鮮は既に崩壊しているともいえます。その理由は他国から借りたお金を返していないからです。

北朝鮮の国内の経済は安定しているときもありますが、何らかのトラブルが発生した時に他国からお金を借りることがありました。(中にはお金ではなく、食糧を与えて後にお金で返済するという取り決めもありました)

政府は食糧借款提供に関する合意書、韓国輸出入銀行と北朝鮮の朝鮮貿易銀行の間で締結した契約書に従い返済手続きを踏む予定だ。合意書により北朝鮮は今後20年間の年利率1%を含み、計8億7533億ドルを返済しなければならない。

引用:北、食糧借款返済日迎える…「7億ドル貸倒れか」 -?DailyNK Japan

上記は韓国が北朝鮮に食糧を貸して、のちにお金で返済してもらうという約束をしていました。北朝鮮はこの返済ができない場合、債務不履行(デフォルト)となり、経済的に「崩壊」するということになるのですが・・・

他国にできないことを北朝鮮はやってのける

なんと北朝鮮はこの取り決めに対して最強の必殺技(?)で対抗してきました。

それは借金を踏み倒すという必殺技です!

借金を返すという約束を破れば(なかったことにすれば)崩壊なんてものはありません。さっきの韓国の例でいうと、北朝鮮は返済期限になっても何のアクションもありませんでした。黙殺です。北朝鮮は食糧を事実上タダで手に入れたのです。結局韓国が損をするだけの結果となってしまいました。

これ以外にも北朝鮮に何らかの「貸し」を与えた国は多数存在するようで・・・

英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は20日までに、北朝鮮がハンガリーに対して、負債の90%以上を帳消しにするよう求めたと伝えた。

(中略)

北朝鮮の未払いの対外債務は約120億ドル(約1兆240億円)と見込まれており、うち約3分の2は旧共産主義国に対する負債だという。

引用:北朝鮮、ハンガリーに帳消しを要請 負債の90%以上 -?かたさん

※元の産経の記事が消滅していたため、このサイトから引用しました。2010年の記事です。

今後の状況を見るに、このお金が返ってくることはないでしょう。デフォルトになった国は苦しくなっても最終的に借金を返そうとするのですが、北朝鮮からはその気配があまり感じられません。上の記事でも「帳消しに」なんて言っているくらいですからね。

しかし、踏み倒しを行うということはデフォルトを宣言する以上に信用を失うということでもありますから、今後北朝鮮に支援を行う国は減ってくると考えられるでしょう。

もし北朝鮮が経済で本当に「崩壊」するならば、それは経済危機に陥った時にどの国からも完全に見放されたときかもしれませんね。

スポンサーリンク
336280アドセンス
336280アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336280アドセンス