北朝鮮の人口はどれくらい? 周辺国とも比較してみる

軍人が多いイメージがあったり、経済制裁で国民の生活が苦しいイメージがあったりする北朝鮮ですが、その北朝鮮に住む人口はどれくらいなのでしょうか?

周辺国と比較してみる

北朝鮮とその周辺国である韓国、日本、ロシアの3国と比べてみます。(中国は人口が頭一つ抜けているのでここでは比較しません)

2015年 2016年 2017年
北朝鮮 2524万4000人 2536万9000人 2549万1000人
韓国 5059万4000人 5079万2000人 5098万2000人
日本 1億2797万5000人 1億2774万9000人 1億2748万4000人
ロシア 1億4388万8000人 1億4396万5000人 1億4399万人

引用:世界の人口 国別ランキング・推移(国連) – Global Note

※2019年のデータです。2016年と2017年は見込み値

北朝鮮の人口は約2500万人、韓国の2分の1で、日本と比べると5分の1くらいといったところでしょうか。2015年と2017年を比べるとわずかに増加しているようです。(比較した4国では日本のみ人口が減少しています。)

ちなみに、人口における軍人の割合は北朝鮮が突出している結果となっています。(詳しくはこちらの記事にまとめています)

人口密度

人口密度についても調べてみます。この数値は1km四方の中にどれくらいの人がいるのかを表したものです。多ければ「狭いところに人がたくさんいる」と考えてください。

(単位・人/km) 2014年 2017年
北朝鮮 207.84 211.70
韓国 517.96 527.97
日本 348.72 347.78
ロシア 8.78 8.82

引用:世界の人口密度 国別ランキング・推移- Global Note

日本と比べるとややゆったりしているといった感じでしょうか。逆に韓国は日本以上に狭い国土に人がいるという結果となっています。ロシアはものすごく広々としていますね。

北朝鮮の人口ピラミッドを見てみる。もしかしたら少子化になるかも?

最後に、北朝鮮の人口ピラミッドを紹介します。人口ピラミッドとは人口を男女、年齢別に分類して表したグラフであり、これを見ることによってその国は若者が多いのか、高齢者が多いのかが一目でわかるようになっています。例として日本のデータを挙げてみます。

2015

引用:国立社会保障・人口問題研究所ホームページ

ピラミッド・・・とはとても言い難い形になっています。このデータがあるからこそ「日本は少子高齢化が進んでいる」といえるのです。

 

それでは、北朝鮮の人口ピラミッドはどうでしょうか?

引用:人口ピラミッド 朝鮮民主主義人民共和国 2019

完全なピラミッド型・・・とは言えませんが、日本ほど少子化が進んでいる様子はありません。ただし、20~24より下の人口が緩やかに減少しているため、今後の状況によっては北朝鮮でも少子化の問題が出てくるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました