北朝鮮はベトナム戦争に参加していた!?

軍事

ベトナム戦争は1960~1970年代に発生した戦争です。

ベトナム戦争のwikiを見ていると、こんなものを見かけました。

ベトナム1

・・・ベトナム民主共和国(北ベトナム)側に北朝鮮という文字が見えます。

しかも、戦力の部分には北朝鮮軍が600人いたと書いてますね。北朝鮮はベトナム戦争に軍を送っていたのでしょうか? また、送っていたとしたらその目的はなんだったのでしょうか?

 

・参戦していたのは本当のようだ

とある記事にこんなことが書かれていました。

1960年代、金日成氏により極秘裏にベトナム戦争へ派遣され、米軍と戦っていたのである。

引用元:ベトナムで米軍と「死闘」した北朝鮮の老兵たち

金日成の命令でベトナム戦争に派遣されていたようですね。朝鮮戦争でアメリカと戦った経験のある北朝鮮ですが、ここでも規模は小さいとはいえ、アメリカを中心とする西側諸国との戦闘を行っているようです。

 

・では、なぜ参加したのか?

個人的考えですが、理由としては以下のようなものが考えられます。

  1. 同じ共産陣営の北ベトナムを助けるため
  2. 北朝鮮にとって敵であるアメリカや韓国に一泡吹かせるため
  3. 北朝鮮軍に戦闘経験を積ませることによって北朝鮮軍の練度を上げるため
  4. 戦闘のゴダゴダにまぎれて敵軍の兵器を鹵獲(パクる)するため
  5. ソ連の命令

1は同じ共産陣営同士で助け合おうという考え方です。「仲間を助けるのに理由がいるかい?」とも思いましたが、国で動いている以上は何らかの利益があると見込んで参加していると考えるべきでしょう。

 

2は完全に自己満足的な考え方ですね。この気持がなかったわけではないと思いますが、これだけで参戦を決定する理由にはなりません。(これだけで動くような国なら朝鮮戦争の後にすぐに別の戦争が起きていてもおかしくはない)

 

3と4は軍事的な理由になります。どちらも今後の北朝鮮軍を強くするために実戦に参加させて、そこから得られた経験や技術を自国の物に組み入れることによって軍をさらに強くしていこうとする考え方です。軍事演習だけではどうしても限界があるでしょうからね。さらに、4の鹵獲がうまくいけば最新鋭のアメリカ軍の兵器がどんなものなのかを分析して対策を立てることも可能になります。

 

5は共産陣営のボスであるソ連から命令されたからというものです。ベトナム戦争にはソ連と中国も北ベトナムに対して支援を行っていますから、ソ連に命令されたという可能性は十分にあります。

 

いずれにせよ、長きにわたって続き、多くの犠牲者を出したこのベトナム戦争に、北朝鮮が参加していたということは本当のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました